ブログ

【随時更新】12月のご予約可能日(出雲 カウンセリング 悩み 相談 仕事 家族 自己肯定感 不安 恐怖)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

akaihana

【12月のご予約可能日】
12/7  14時
12/14 10時 14時
12/17 10時 14時

12/23 10時
12/27 10時 14時

※会場予約の都合上
ご予約はお早目にお願いします

 

 

こんにちは
すまいるセラピー結び
心理セラピスト 石原由美子

 

今年は 寒くなるのでしょうか?

 

出雲地方は ここ数日
寒い日が続いていて
雪やあられがチラチラとしていますyuki.gif

 

師走の12月は
忙しいひと月になりますが

 

お身体には十分に気を付けて
お過ごしくださいね

 

 

 

かく言う私は
占い師の方にも”身体感覚が少し鈍感ね”
と言われるほど

 

身体の状態を察知するアンテナが
かなり鈍い人間でしたdown.gif

 

”鈍い”とはどういう事かというと…

 

●熱を出して倒れるまで
身体に疲労感が溜まっていることに
気づけない

↑自分はまだいけると思っていても
実は身体は限界な状態だった

●痛いなど身体が発する症状に対して
「これくらい大丈夫」と危機感がない

 

 

こういう状態で居られるということは
ある意味 タフ(体力がある)なのかも
しれませんが

 

体力がある人がみんな
”大丈夫 大丈夫”と
身体からの症状を素通りするかと言えば
それは違うと思いますし

 

私の場合は 大きな前提として

 

身体からの情報にもともと鈍感
かつ
身体(私の存在)というモノを
私自身が大切に想えていなかった
(自己肯定感が低いということ)

 

こんな悲しい前提が
私の中の問題としてあったと思います

 

でも、当人の私自身は
「私には体力がある」
「私はタフで頑張れる人」

 

自分の鈍感さを心配するどころが
それが自慢のひとつでもありました

 

なぜなら…

 

◆出来る私には価値がある
◆強い私には価値がある
◆周りの役に立つ私には価値がある
◆弱音を吐かず
 頑張れる私には価値がある

そんな私には

◎認められる価値があり
◎居場所があり
◎私は生きていていいんだ

 

という自分の存在価値を
周りから認めて貰えるという
安心感(メリット)があったから。

 

 

だから 私の中では
自分の身体(状態・存在)に
向くアンテナよりも

 

周囲へ向けられるアンテナの方が
とても強力に働いていたんです

 

 

どう思われるだろうか?
間違ってないだろうか?
迷惑かけてないだろうか?
批判されるかもしれない
嫌われるかもしれない
役立たずと思われるかもしれない

 

 

こんな恐怖心があれば
自分の身体を丁寧に感じることなんて
出来ませんよね

 

 

でも それくらい私の中には

 

自分の価値、自分の存在価値は
周りの人の評価で決まる

 

という他人軸な感覚が
疑いようもないくらい
当たり前な感覚としてあったんですkao-a13.gif

 

今の私から思うと
”誰の身体よ、誰の人生よ?!”と
あの頃の私に対して
お説教をしたいくらい(笑)

 

 

だけど、そうしてまでも

 

周りから認められたくて
周りから必要とされたくて
周りから良い評価が欲しくて

周りから
あなたはここに居ていいよ
あなたは生きていていいよ

 

という存在価値・存在許可を
貰いたかったんです

 

 

そして この状態を
潜在意識の中にあるビリーフ
(思い込み・人生のルール)として
考えるならば

 

 

私の中には
自分の感情や感覚を感じてはいけない

↑だから鈍感なんです

 

というビリーフがあったのでした

 

 

◎人の身体のことは心配しても
自分の身体の事になると
「大丈夫」と適当になってしまう

◎いつも倒れてしまうまで
頑張り過ぎてしまう

◎自分の体力に過剰な自信がある

 

 

こんな人には もしかしたら

自分の感情や感覚を感じてはいけない

 

このビリーフがあるかもしれません

 

 

 

若くて物理的に体力のあった20代には
徹夜だって 休日出勤だって
本当に 平気だったし

 

反対に なんだかやる気が出てくる!

 

こんな私でしたが・・・

 

あの時に私の中で感じられていた
”やる気”という名の変なテンションは

 

・出来る私を証明したい
・無理して頑張っている私はすごい
・こんな私を認めて

 

こんな自分の存在価値を感じて
それを周りへ証明するための
意図ある行動だったんだと
今の私は そう感じています

 

 

あなたのその頑張りは
誰のための頑張りですか?

そこに無理はないですか?

いつも自分の身体の状態に
気づけていますか?

自分の身体のことを
愛おしく感じられていますか?

 

 

次回は なぜ
”感じてはいけない”というビリーフが
私たちの中に作られてしまうのか

 

その理由を お伝えしたいと思います

 

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・

只今、以下のセッションについて
モニター価格でご提供中です!!

◆気づきのカウンセリング
IMG_6354_R
◎60分 6000円 ⇒ 3000円

 

◆心理セラピー
IMG_6419_R

◎120~150分 12000円 ⇒ 4000円

 

◆ボディーセラピー
massage
◎90分 9000円 ⇒ 4500円
身体へのアプローチ(原始反射)から
自己肯定感UPを図ります
*洋服のままで受けられます

 

※モニター条件
後日、ご感想を頂ける方に限ります

 

各セッションの詳細については
メニューをご覧ください

 

>>>お申込みはこちら

 

 

 

今日のお読み下さり
ありがとうございます

ご縁に 感謝多謝