ブログ

子供への関わり方がわからない~娘に優しく触れられなかった私~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

リトリーブサイコセラピー®という
心理療法を中心に

他人軸人生から卒業し
自分を愛し生きる力と喜びを取り戻す
お手伝いをしています

心理セラピスト 石原由美子です。

 

 

じゃ~ん!
チラシを作ってみましたhana-ani01.gif

1580912657692

****************
2/16(日)
しつもんで

自分と大切な人の
笑顔とやる気を引き出せるようになる
しつもんコミュニケーション講座
****************
午前:残席5名 午後:残席4名


詳細・お申込みはこちら

 

 

先日、こんなお話を聞きました。

↓ ↓ ↓

保育園の先生から
(落ち込んでいる娘に)

「声をかけてあげて下さい」
と言われたけれど

どう声をかけていいのか
わからないんです。

子供への関わり方がわからなくて。

 

kodoku

 

私自身も”子供への関わり”について
悩んだ経験があることから

 

子供への関わり方がわからない。

 

今日はここについて書いていきますね。

 

 

ー・-・ー 目次 ー・-・-

1.関わり=つながりを持つこと
2.関わり方がわからない理由
3.子供に触れる時に起こる抵抗感
4.本当は触れて欲しかった子供の私
5.未完了の欲求・感情に気づいたら

ー・-・-・-・-・-・-・

 

 

関わり=つながりを持つこと
***************************

 

早速、息子の国語辞典(くもん出版)で
「関わり」について調べてみると(笑)

 

関わり=つながりをもつこと

こう書いてありました。

 

なるほど、なるほど。

 

子育ての中で”親子の関わり”を
イメージするとき

あなたは
どんな場面をイメージしますか?

 

私は子育て真っ最中なので

身体を近づけて
子供をハグしたり抱っこしたり
肉体的につながることをイメージしたり

 

話を聞いてあげたり
こちらが話をしたり
一緒に笑ったり

身体の触れ合いはないけれど

言葉を通して気持ちや考えを感じ合う
心理的につながることをイメージしました。

 

tempFileForShare_20200120-001556

 

 

親子の関わり

=身体がつながる体験
=心がつながる体験・・・て

 

子供たちにとって

私は愛される存在なんだ
私は大切にされる存在なんだ
私は受け入れてもらえる存在なんだ
私は認めてもらえる存在なんだ

 

私はここに居ていいんだ
私は生まれてきて良かったんだ

 

こんな自分の存在価値
確認でき、さらに強めていける

生きていく上で大切な
心のベース(土台)が育つ機会なんです。

 

ご飯を食べて栄養を摂ることが
身体を作って生かしてくれているように

親の身体や心での関わりが
子供の心の土台を作っているんです。

 

身体が触れ合うと
温かさやそこから安心感を感じるように

身体・心を通して
温かい関わりを経験していくと
子供の心の中には

いわれもない自信のような
強くて安心感のある

生きていくために必要な
心の土台が作られていくんです。

 

 

関わり方がわからない理由
***************************
*

実は、私こそ

子供との関わり方が
分からない親でした(汗

 

振り返ってみると

特に、
肉体的につながることが苦手でした。

 

おむつ交換や
ミルクを上げる際に抱っこは出来ても

じゃれあうようなハグや
コチョコチョ遊びなど
他のママたちが出来てることが
出来ない母親でした。

 

というか・・・

本能的に「そうしたい」とか
思うことがなかったんです。

感覚的ですが
そういう関わり方がある事自体
私の中になかった気がします。

 

だから、主人の実家に行った際に
義理の妹さんが
親子でじゃれている姿を見て

こんな関わりもあるんだ。

 

そう、初めて知ったかのような
冷静な自分が居たのを覚えています。

 

それから、私の娘(孫)に対する

主人の両親の関わりと
実家の両親の関わりを観察していくと

娘(孫)への関わりについて
明らかな違いを見つけたんです。

 

そう・・・

 

主人の両親は
抱っこやコチョコチョ遊びなど
声かけ以上に身体の関わりを多く
してくれていたのですが

 

実家の両親は

声かけはあっても
じゃれ合うような身体の関わりは
ほとんどなかったんです。

 

この事に気づいたとき
子供への関わり方がわからない
自分の中で
何が起こっているのか?

 

なんとなく理解できた気がしました。

 

それは・・・

 

私も子供の頃
両親と身体の関わりが少ない
そんな環境にいだんたと。

私は身体が触れ合う
温かい関わりを
知らないかもしれない。

 

 

義理の妹さんが
普通に楽しそうに親子で
じゃれあっている姿も

義理の両親の関わり方があったから
自然に出来た行動だったと思います。

 

子供への関わり方がわからない

tempFileForShare_20200120-000759

 

そんな時は

自分が子供の頃に
両親との間で
どんな関わりを経験していたのか
どのように関わって貰えていたのか

 

ここを振り返ってみるのも
”わからない”理由を見つけられる
糸口になるかもしれません。

 

人とのつながり方も
人との関わり方も

親から与えられ
親から学び得た知恵の一つ。

家族の中で
見て・聞いて・感じて・体感したことは

今の私たちを作り上げている
生き方の土台になっているんです。

 

だから、わからない・・・
こんな状況があっても
自分を責める必要はないかもしれません。

 

 

 

子供に触れる時に起こる抵抗感
******************************

義理の妹さんの姿を見るまで
コチョコチョ遊びや抱っこなど

身体の触れ合いを通して
子供と関わる方法(遊びの種類)

 

それ自体が
私の中になかったのですが

子育て雑誌・情報誌を
そんな視点で見てみると

”触れ合い”について書かれている物が
とにかく多いことがわかりました。

スキンシップは大事だと。
(ベビーマッサージが流行だったり)

portrait of young asian family lifestyle image

 

だから

これを参考にすれば
私も出来るようになる!
(同じようにすればいい~)

 

そう軽い気持ちで
娘に関わろうとするのですが

 

授乳時や散歩の時の抱っこなど
必要最低限の触れ合いしか
できない私

雑誌のように
キャッキャ言いながら

娘の身体に触れて遊ぶことを
どこかしたくない私

触れ合おうとすると
身体中に違和感が出てきて
気持ち悪くなる私、つき離したくなる私

 

こんな私が居ることに
気が付いてしまったんです。

 

私、おかしいかもしれない。
こんな母親はダメな母親だ。

こんなフレーズが
脳内に流れたのを覚えています。

 

そして・・・

娘の身体に
優しい気持ちで触れようとすると
強烈な抵抗感が沸いてくる私。

 

こんな私のままだから
コチョコチョ遊びはもちろん
少し大きくなって散歩をする際にも

●手を繋ぐことが気持ち悪くなり
(それでも無理して繋いだり)

●私が寝転んでいる時に
娘が身体の上に乗っかってくるのも
気持ち悪くて心よく受け止められず・・・
(逃げたくてたまらない感覚)

 

私は親として変じゃないか?

こんな感覚が
さらに私を静かに追い詰めました。

不安

 

止めは・・・

 

3歳下の息子には
私から触れ合いたい気持ちがわいてくる

愛情込めてぎゅってしたい!癒される!)

 

こんな自分が居るのを感じた時でした。

 

こんな自分はおかしい!
こんな母親はダメな母親だ!

 

こう、自分を責める気持ちが
強烈に強くなったのです。

 

そして、不思議なことに

今の自分には難しいけれど
娘に触れてあげたい

この気持ちも
私の中で徐々に大きくなっていきました。

 

 

 

本当は触れて欲しかった子供の私
***************************
*

 

娘に優しく触れられない問題

 

ここに気づいて
解決できないまま5年くらいが
経とうとした時

心理の勉強を始めたことで

娘に優しく触れようとする時
娘に優しさを表現しようとする時

私の中で何が起きているのか?

 

これが少しずつ明らかになりました。
娘に優しく触れようとした時
私の中で起こっていた

違和感や抵抗感
気持ち悪さ、突き放したくなる感覚

この感覚が訴えていたものは・・・

 

私もこんなふうに
優しく触れられたかった!

甘えたかった!

私も触れられたり
温もりを感じることで
愛情を感じたかった!

私は十分に貰えなかったのに
なんで人にあげなきゃいけないの!

私、お母さんに
愛してほしかった。

お母さんの愛情が欲しかったのに(泣)

kanasimi

ちょうど私と同じ長女という立場の
娘に触れようとすると

幼い頃の私(インナーチャイルド)が
ずっとずっと心の奥で抱えていた

”愛が欲しかった”
”愛されたかった”

 

この気持ちが私の中で
蘇ってくるのでした。

 

と、当時に

”愛されたかったのに
貰えなかった悲しみや絶望感”

この見たくない事実と
悲しさや絶望感の感情が
ダムの堰を切ったように溢れ出す。

この辛くて感じたくなかった感情を
感じざるを得ない状況を避けたくて

私の身体は
気持ち悪い、イライラする感覚を使って
無意識に娘に触れるのを
避けようとしていたんです。

今、思い出すと・・・

身体の触れ合いの他にも
声かけや会話の中で

”娘に優しくする”
”娘に愛情表現をする”

ここにも強烈な抵抗感や葛藤、
イライラや気持ち悪さを
感じていた私がいました。
(だから実行出来てません)

あたかも

あなたも私と同じように
悲しい思いをしなさい

そんないじめのような
メッセージを送るかのように。。

 

 

未完了の欲求・感情に気づいたら…
****************************

私が娘との関わりを通して気づけた
”愛されたかった”という気持ちは

幼い頃(その時)に

母親に満たして欲しかった欲求であり

結局、満たして貰えなかった(と感じた)
私の中では”未完了”の欲求なんですね。

 

例えば、こんな経験ありませんか?
○○が食べたい!と渇望してたのに
その日はお店がお休みで

えー!?食べたかったのにぃ(悲)

と、いつまでも忘れられず
食べられなかった悲しみに浸り続けてしまう

欲しい欲求が満たされないと
心の中にその思いが残り続ける感覚。

特に、食べ物(食欲)の想いは
引きずりやすいかもしれません(笑

 

そう、私たちが幼少期に感じる
欲求(感情)についても同じことが言え

欲しい時に欲しかった欲求(感情)が
親から貰えず満たされなかった時

完了されなかった欲求(感情)として
心の奥深くに残り続けてしまうんです。

 

子供というのは
ここに居てもいいんだ
私は生きている価値があるんだ
私は愛されてる存在なんだ

この安心感(存在価値)が
自分の中で満タンになるまで

色々な行動・欲求を通して
”愛が欲しい”と求めてきます。

そうして、しっかりと満たされて
存在価値や自己価値が安定したら

自分で自分の存在価値に自信をもって
安心して親から離れて
自立できるようになります。

 

だから、心の中が十分に満たされず

本当は欲しかったのに
満たされずにスルーされた欲求は

分かって欲しい!
受け止めてほしい!という
未完了の欲求・気持ちとして
心の奥に残り続けるんです。

 

そうして、
大人になった今でも

満たされていない
自己価値を埋めるために

分かってもらえる安心感
受け止めてもらえる安心感を求めて

欲しい!と
心の中で表現してくるんです。

大人になって
「私は認めてもらえてない」と感じる時に
強烈な怒りが湧き出るのも

認めてほしい!!という未完了の承認欲求が
元々強くあるからなんですね。
(完了している人は反応しない)

 

特に、子育て期は
親自身が我慢した欲求や
満たされなかった未完了の感情が

子供との関わりを通して
感じられやすくなるんですね。
(子供は自由に欲しい!と表現するのでw)

 

だから

子育ての中で感じられる
イライラ、ザワザワ、モヤモヤといった
感情を含む感覚の中にも

私たち親自身が抱えている
未完了の感情が隠れている事が多々あるんです。

 

そう感じると、感情というのは

誰かのせいでもなく
私たち自身の中から生じるものなんですね。
(人のせいで溢れるものではないですよ)

 

もし、子どもたちを通して
パートナーを通して
職場の上司や親しいお友達を通して

感情的になってしまうことがある
イライラ、モヤモヤといった
感じるのが辛い感覚が出る時は

丁寧に自分の感情や感覚に
寄り添ってみて下さい。

こちらでもご紹介したノート術で
気持ちを明らかにするのもおススメです。

 

そうして、

本当は自分は何を感じているのか?
何を分かってほしいのか?
何を求めているのか?
(どんな未完了の欲求があるのか)

 

そんな気持ちを見つけたら

大人のあなたが
自分で自分の気持ちを
認めて受け止めて

その想いを癒して完了させてあげて下さい。

 

 

子育ては親育て

 

私たち大人も
親になることで
子供たちと一緒に成長させてもらえる

 

この言葉は
こういう心理(自分癒し)の面でも
当てはまるかもしれませんね。

 

成長、万歳(笑)

 

 

1995年創立

生きづらさのもとになる
あなたの思い込みや価値観や
生き方ルールを見つけて

お悩みや問題を
根本解決したい方へ

 

【モニター体験セッション募集中♪】

以下の3つのセッションから
あなたのお悩みや問題の解決に
必要なセッションを選び提供します。

1セッション8000円(90~150分)

 

heart06.gifまずはご相談下さい

 

★気付きのカウンセリング(正規10000円)

想いを話して手放して
本当の気持ちや思い込みに気づく機会を

※頂いたご感想  その1  その2 その3
>>詳細はこちら

★本当のあたなたを取り戻す
リトリーブサイコセラピー®(正規12000円)

辛く苦しくなってしまう原因である
心の奥にある思い込みに向き合うことで
あなたらしく生きる新しい信念を育み直します

※頂いたご感想  その1  その2
>>詳細はこちら

あなたらしさを取り戻す
     ボディーセラピー(正規10000円)
~からだからこころを緩め
不安や緊張を安心感に変える~

*洋服の上から受けられます

優しいマッサージ様のセラピーで
不安や緊張感を身体から手放していきます
※頂いたご感想 その1 その2
>>詳細はこちら

 

 

【無料メール講座配信中です♪】

他人軸人生を卒業!
自分らしく生きるために大切な
本当の自分に出会う魔法の7ステップ☆彡
ご登録はこちら↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMwhsAq

☆自分のペースで心の事が学べます
☆メール読者様は
1DAYセミナーを特別価格で受けられます
☆個人セッションの予定が
セミナー情報など優先的にお知らせします

【こんな方におススメ】
bikkuri03.gif言いたい事を言えずに我慢する
bikkuri03.gif完璧に出来ないと気が済まない
bikkuri03.gif自分に対する周りの評価が気になる
bikkuri03.gif頼まれ事に対してNOが言えない
bikkuri03.gif人が集まる場所がなんとなく苦手
bikkuri03.gif周りと自分をつい比較してしまう
bikkuri03.gifSNSで顔出しが出来ない
bikkuri03.gif人の仕事まで引き受けてしまう
bikkuri03.gif親しい人や好きな人に甘えられない
bikkuri03.gif期待されるとつい頑張ってしまう
bikkuri03.gif嫌でも愛嬌を振りまいてしまう  など

 

【自律神経バランスを整える
アロマトリートメント】

植物の癒しエネルギーの詰まった
エッセンシャルオイルを
心と身体にお届けしますheart06.gif

アロマトリートメントって?
https://ameblo.jp/197811181972226/entry-12413813172.html

●スパインセラピー 30分:3000円
●アロマタッチ 45分:6000円
☆マイオイル持参の方は半額

※場所はお申込み後にお知らせします

お申込みはこちらから
https://www.smile-musubi.com/contact

 

 

一歩踏み出せない方

今の自分にどれが合っているのか
自分では決められない方は

随時、メールでのご相談も承っているので
遠慮なくご相談下さいね。

 

 

今日もお読み下さり
ありがとうございます