ブログ

【子育てカレンダー】5月18日のメッセージ(出雲 カウンセリング 自己肯定感 子育て 悩み 相談)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

karennda-5

5月18日 今日のメッセージ

「体を使って愛情を表現しよう」

触れていますか?

言葉だけで「勇気づけ」たり
「共感する」よりも
痛いといった患部をタッチされるほうが
心のグラスが満たされます。

 

 

こんにちわ^^
すまいるセラピー結び
カウンセラー・心理セラピスト
石原由美子です

 

今日から こちらの日めくりカレンダーから
メッセージをお届けしていきたいと思います

karennda-1

こちらの石谷さんは
直接お会いしたことはないのですが

「魔法の質問」を通じて知った方で

北海道を中心に
全国で活躍されている子育てコーチです

 

カレンダーの下のメッセージ
ママがHAPPYだと
子どももHAPPY!!

これには 私も大納得です(^▽^)

 

さて、今日のメッセージについては
私の心にも深く響きました★

 

なぜなら・・・

私自身、母親からのスキンシップが
ほとんどなかったということ

いえ・・あったかもしれませんが
記憶に少なかったこと
(多くなかったと思います)

そして、少し前までの私も
子ども達とスキンシップを図ることが
苦手だったんです

しかも・・・ 娘には大の苦手!!

 

★これについては
こちらのブログを参考にされると
「娘を抱きしめられなかった私」の理由
心の仕組みがわかると思います
⇒ブログはこちら◆◆

 

近年、ベビーマッサージが流行っていますが
「いいことだなぁ」と感じています。

スキンシップは、皮膚を通して
愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌を促し
母子ともに、愛情を感じる感覚を
育んでくれます

 

と・・・こうやって学問的に言われなくても

人と人の肌が触れ合うと

なんとも言えない安心感を感じる
癒される感覚がする
幸せな気持ちになる

など、私たち大人自身も
触れ合うことの利点を
今までの人生で経験していると思います^^

 

特に・・・ 子供たちにとっては

その安心感=愛されている感覚と繋がり

自分は愛されている
自分は自分でいいんだ
自分は守られている

といった自己肯定感に繋がるんです

 

こういう感覚的なモノは
0~6歳までに無意識下に
育まれていくそうです

だから・・・

生まれてきてくれた瞬間から
子どもたちが幼い間における
スキンシップは とても大切なんですね^^

 

 

あなたは
お子さんに触れていますか?

 

 

 

今日も お読みくださり
ありがとうございます

ご縁に 感謝多謝