ブログ

【こころの仕組み】幼少期に作られる心のパターン=ビリーフ(島根 出雲 カウンセリング 悩み相談 仕事 子育て 人間関係)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

pannhuretto

こちらは 私が行っている
リトリーブサイコセラピーについて

創始者 大鶴和江氏のプロフィールや
このセラピーの特徴や効果などが
書いてあるパンフレットです^^

 

講座やセラピーでお会いした方に
お渡ししています

 

気になる方には
どんどんお渡ししていきます
ご遠慮なくお声かけ下さいね^^

 

 

 

こんにちわ^^
すまいるセラピー結び
石原由美子です

 

先週末は4日間
講座のアシスタントと勉強会のため
大阪に出かけていました

 

毎回毎回 講座を通して感じるのは

幼少期の親子関係・家族関係が
人生に大きな影響を与えること

そして 私たち人間というものは

思考で考えることよりもはるかに
無意識(潜在意識)の影響を受けて

生きているということ

 

isikinozu

 

★こちらの記事でも
無意識についてご説明しています

 

だから

分かっているのに出来ない
身体が動こうとしない
急に 身体が震えてくる
いきなり頭が真っ白になる
などなど

 

自分の思考だけでは
コントロールできない
そんな状況が出てくるんです

 

そんな時に
~したらいいよ!
~ってプラス思考でいこう!

 

って 行動療法に走っても
無理やりプラス思考をしても

 

一瞬の効果はあるかもしれないけれど
また 同じ状態に引き戻されることが
多いはず(´・ω・`)

 

そして そんな自分に自己嫌悪(*ノωノ)

 

なんで私はできないんだろう💦
私はダメな人間なんだわ💦

 

私は このパターンを
結構 繰り返してきたので
その辛さがわかります

 

そして そんな私を
自然と変化させてくれ

 

特に人間関係の中で
「自分らしさ」を認めながら
自分軸で生きていかれるように
導いてくれたのが

リトリーブサイコセラピーでした

 

この心理セラピーは
潜在意識と感情を扱うので
私たちの中にある
それぞれの人生脚本(ルール)に
大きな変化を起こしてくれます

 

 

今日は 私たちの
心のパターン=ビリーフ(信念)
について お話ししていきます^^

 

 

◆ビリーフとは・・・

私たちが世界はこうであると
信じている事


世界や人について

経験した事についての一般化

前提/信念/観念/思い込み

 

 

主に幼少期(~6歳)に出来上がり
子供時代に信じたことがいつしか
「考え方の癖=自分特有の信念」
となって無意識(潜在意識)に定着し、
成人以降の人生をも左右し続ける

無意識に定着しているため
自分では なかなか自覚できない

 

 

①プラスに働くビリーフ
⇒人に動悸・やる気を与えるもの
能力を引き出すもの

●やればできる ●人は成長する
●必ず道は開ける
●誰かが協力してくれる
●私は可能性をもっている
●私は~ができる

 

 

②マイナスい働くビリーフ
⇒人に制限や限定を加えるもの
 可能性の障害になるもの
 マイナスの思い込み

●私は~できない ●経験がないと難しい
●お金や肩書のある人が価値がある
●人は裏切るものだ
●苦労しないと幸せになれない など

 

 

例えば・・・

「人には好かれなければならない」
というビリーフを持っている人は

人から誤解されたり
不愛想な対応をされたり
無視されると過剰に落ち込みやすい

 

「人に好かれなければならない」と
思い込んでいるので、

「人に好かれない自分はダメだ」
「好かれない自分には価値がない」

 

こんな心理が働き

 

「別に好かれても好かれなくても」と
適当に思っている人よりも

周りからの自分への評価や態度が気になり
その時の心の浮き沈みが過剰になるんです

 

また、周りに気に入って欲しいから
「ノーが言えない」「八方美人になる」
「人のためにと頑張り過ぎてしまう」
こんな行動に出やすくなります

 

これ本当に無意識の反応なんです

 

自分で「実はやめたい」
「嫌なら断りたい」と
どこかで感じていたとしても

やめようとすると
身体やモヤモヤ・ワサワサするから
結局 やめられないんです💦

 

この根本原因が
潜在意識にあるビリーフ

人に好かれなければならない

 

なんですね💦💦

 

 

これが「失敗してはいけない」
というビリーフだと
どうなるかわかりますか?

 

自分は失敗してはいけない
失敗する自分には価値がない

 

そう無意識で思い込んでいるので

 

失敗しないように
いつも入念な準備をしたり

失敗が怖くて
チャレンジすることを避けたり

妥協な人生を生きやすくなり
成功する事とも無縁になる
そんな人生になりやすいんです

 

 

私の中にも
●間違ってはいけない
●ちゃんとできないといけない
●人には親切にしなければいけない
●周りの調和のために
気を使わなければいけない
●男に負けてはいけない  などなど

沢山のビリーフがありましたし
現在でも まだまだあります^^;

 

 

このビリーフが全て悪者でなはくて

 

自分のやりたいこと
自分らしく生きていきたいのに

それを制限しているビリーフがあるなら

 

そのビリーフを
潜在意識内で書き換えて

 

自分らしく自由に生きていく
自分らしい行動が出来るように
心理セラピーではサポートするんです

 

 

私は30代に入ってから
自分の生き方(性格)に
しんどさを感じるようになりました

ほんとうは~したいの
でも なんでかできない💦💦

ほんとうは 嫌なのに
でも いつも断れない💦💦

 

こんな生きづらさを感じるようになり

 

なんでこんな自分なんだろう?

 

ここから心の勉強を始めました

 

 

そして
自分がどうしてそのビリーフを
持つことになったのか?

 

この経緯を
幼少期の親子関係を振り返りつつ

 

だから 私には
こんなビリーフがあるんだ…と

思考&体感覚で納得した上で

 

今の大人の自分には
もう必要のなくなったビリーフ
心理セラピーを受けることで
緩めて書き換えていきました

 

 

isikinozu

 

 

自分では意識できないし
学校でも 教えてもらえないけれど

 

私たちの意識には
顕在意識と潜在意識があること

 

そして 潜在意識の中に

自分という人間の取り扱い説明書
自分という人間の生きるパターン

詰まっていること

それも書き換えることができること

 

この知識を知っただけでも
自分を客観的にみられるように
なっていきましたし

解決する方法があったことで

今は「私は私でいいんだ」という
なんとも言えない感覚で
生きることが出来ています^^

 

 

そして このビリーフが
幼少期の0~6歳までに
出来上がることを知ったので

 

現在も継続中の子育てに
活かすことができていますし

あらゆる人間関係の中で
人と関わっていくことも
楽にできるようになりました

 

 

幸せをどのように定義するかは
それぞれだと思いますが

 

色々な人間関係の中
自分を制限したり
自分を犠牲にすることで
我慢人生を送り

 

私なりの生きづらさを
抱えてきた私にとって

 

この心の学びは
心をうんと豊かにしてくれる
そんなツールとなりました^^

 

 

 

次回からは
どんなビリーフの種類があるのか?

こちらについても
ご説明していきますね

 

 

 

こちらの講座でも
こころの仕組み・感情について
思い込み・人生脚本について
学ぶことができます^^

★モニター様募集中!

こころの講座@結び
イライラ感情と仲良くなる方法

詳しくはこちらをご覧下さい★

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

今日も お読み下さり
ありがとうございました

ご縁に 感謝多謝