ブログ

【こころの仕組み】人生を左右する潜在意識ってなに?(出雲 カウンセリング 悩み 思い込み 自己肯定感 親子関係)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

isikinozu

 

 

意識(心)には 2種類の意識

気づいている意識=現在意識

気づけていない意識=無意識・潜在意識

この2つの意識があり

私たちの性格・感情・行動のもとは

無意識・潜在意識の中にある

信念や価値観によって作られているんです

 

 

 

こんにちわ^^
すまいるセラピー結び
心理セラピスト 石原由美子です

 

心って見えないモノで
そこに仕組みってあるのか?

こう考える方もあるかもしれません

↑これは 以前 主人に言われたセリフ💦

 

(主人)
見えない心に 法則なんてあるのか?
分析なんてできるのか?

 

数年前かな?
主人にこんな事を言われたことがあります^^;

 

はい、確かに「こころ」は目には見えません💦

でも、心理学の世界では
ある王道の考え方があるんですね

 

それが 意識と無意識

違う表現では
顕在意識と潜在意識 になるんです

 

昔よりも もっと心理学が身近になった今日

この2種類の意識については
耳にしたことがある方も多いと思います

 

私は 初めて無意識・潜在意識の事を
知った時には 本当に驚きました

はっきり言って 意味不明^^;w

見たり 触ることも出来ないし・・・

 

 

でも 自分の性格や行動パターンや
幼少期からの生き方・生きづらさを
振り返ることで
無意識・潜在意識の存在や

これらが自分の人生に
自分という人間の自己肯定感に
大きな影響を与えていることを実感し

今では その見えない世界・存在を
知識面から
自分の思考・感覚から信じています

 

 

■意識とは・・・意識全体の3~5%

自分で意識・自覚できている部分
現在 この瞬間に気が付いている状態

思考・判断・理性などを指し
自分で意識的にコントロール可能な状態

 

■無意識(潜在意識)とは・・・
意識全体の95~97%を占めている

自分では意図していない
意識がない 無自覚な部分

 

この中に

価値観や信念や思い込み
常識や観念
特定の状況下での反応パターンなど

いわゆる性格を作り上げる要素が
沢山 詰まっています

 

もっと簡単に言えば

「私はこんな考え方をし
こんな時には こんな風に感じ
こんな行動をとる人間なんです」

という自分オリジナルの設定書

 

イメージとしては
自分では知らない【自分辞書】

 

これが 潜在意識の中に在って

 

その辞書・設定書通りに
私たちは感じ・反応し・行動して
人生を生きている

 

こんなイメージです^^

 

 

え!?
そんな事って あるの?

だって 自分で感じて考えて
毎日 生きてるつもりだけど~

 

こう感じる方もおられるかもしれませんが

私たちの感じ方・捉え方・反応パターンも
潜在意識の中の 「私辞書」
この通りに 成されているんですよ💦

 

 

例えば・・・

 

犬を見て 「怖い」と感じる人
「可愛いー」と感じる人がいます

 

この「怖い」「可愛い」て
考えて感じるものというよりは

犬を見た瞬間に とっさに反応的に

「怖い!」「可愛いー」と
感じるものですよね

 

 

 

この それぞれの反応には

それぞれの潜在意識の中にある
犬に対する観念が働いていて

 

◆観念1
犬は怖い生き物だ

という観念1を潜在意識にもつ人は
犬を見た瞬間に「怖い!」と
逃げる身体の反応まで出てきます

 

◆観念2
犬は可愛い生き物だ

こちらの観念を潜在意識のもつ人は
犬を見ても怖がるどころか
「可愛いー」と近づいていくんです

 

 

こういった
あるモノ・事に対する観念や価値観
こうあるべきなどの信念・思い込みも
すべて潜在意識の中にあり

先ほどの 犬を見た時のように
潜在意識のデータ通りの判断
反応をするように私たちは出来ています

 

 

この潜在意識に詰め込まれている
価値観・観念・信念や思い込みは

その多くが 
生まれてからの環境に左右され

親や周りの人との関係によって
作り出されているといわれています

 

しかも!!

 

isikinozu

 

↑この図の中にある
意識と無意識の間にある境界線

 

クリティカルファクターとよばれる
意識と潜在意識の壁は

0~5・6歳の頃に出来上がると言われ

 

壁が出来上がるまでの間に
どんな風に子どもと関わってきたのか?

どんな価値観や自己イメージを
子どもたちに植え付けてきたのか?

 

これによって
子供の潜在意識中のデータが
ガラッと変わってくるんです💦💦

 

 

いつも いつも
「まったく あなたはダメな子ね」
と言い続けていたら

そのお子さんは
「自分はダメな人間なんだ」と
疑いもなく信じこみ

 

「ダメな人間なんだ」という
思い込んでいるから こそ

 

ちょっとした失敗でも
すぐに落ち込んでしまう
自信を失いやすい

どうせ私なんて・・・と過少評価をする

 

こんな傾向を持つようになるんです💦

 

 

私の中にも
「きちんとできない自分には価値がない」

 

こんな思い込みが
家族や兄弟関係の中で作られていたので

 

◆失敗するのが怖い
◆ミスを指摘されるとひどく落ち込む
◆「出来ない・教えて」が言えない など

 

結構な生きづらさを抱えていました^^;

 

しかし、この潜在意識のデータに気づいて
心理セラピーで変えていくことができた今は

きちんと出来ない自分だとしても
その事と自分の価値は関係ない

きちんと出来なかったら
また やればいい

知識を増やしたり改善点を見つけて
きちんと出来るように努力したらいい

 

こんな風にゆったりと構えることが
出来るようになりました

 

 

恐ろしや 潜在意識💦

 

 

 

 

次回は 思い込みや価値観に気づける
簡単なエクササイズもご紹介します^^

 

 

もし、ご自分の中にある
思い込みや反応パターンに気づいたら

そうなんだ
私にはこんな思い込みがあるんだ

 

と 〇✖評価をせずに

まずは そんなご自分のことを
認めてあげてください

 

 

また こんなパターンはもういや!

と ご自分の考え癖や反応パターンを
手放したくなったら

ぜひ ご相談ください

 

その思い込み・思い癖の背景を
一緒に 探っていきましょう^^

 

 

 

メニューはこちら★★★

お問い合わせはこちら★★★

 

 

 

今日もお読み下さり
ありがとうございます

ご縁に感謝 多謝